フォト
無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

出発!

200710280811000.jpg今、成田空港です。


いよいよ出発です。


いってきま~す!!

2007年10月27日 (土)

前泊

200710272258000.jpg今日は軽くトレーニングをしてから成田空港に集合。


そこからバスに乗ってホテルに到着。


みんなで対戦相手のビデオをみて、ミィーティングでした。


(((゚Δ゚)))…きっ、緊張してきた…。

………。

でも、やるしかないな。


俺、上手いし(自称)。


さて、明日も朝早いし、早く寝よう……。

準備完了?

ぐぇ~っ!!


こんな時間に・・・。


やっと終わった・・・。


ゆるゆるやりすぎて、こんな時間になってしまいました(涙)。



スーツケース(完了)

←中身をとりあえず詰め込みました(笑)。中身はユニフォーム・ジャージ・Tシャツ・シューズ等衣類がほとんどです。あとは洗濯の道具とかですね・・・。特に面白いものはありませんね(笑)。


忘れ物がないかちょっと不安ですが、もう一度明日、確認することにしましょう。ユニフォームとパスポートがあればなんとかなるだろーし・・・。


ちなみに明日は夕方集合なので、結構ゆとりがあるのです。


軽くトレーニングしてから集合場所に向かいます。

では、おやすみなさい。

2007年10月26日 (金)

準備開始!!

いよいよマカオへの出発が明後日になりました。

出発は明後日なんですが、明日は成田空港近くのホテルに前泊します。


ということで、今日準備をしなくてはなりません。


が・・・。


しかし・・・。



スーツケース(空)

←こんな感じで、まだスーツケースは空っぽ。何も準備をしてません・・・(苦笑)。
(分かりにくいかもしれませんがこの写真はスーツケースですよ。空の・・・)


今から、忘れ物の無いように、ゆるゆると準備を開始しま~す(汗)。

あとは…

200710250803000.jpg昨日(ん。もう一昨日?)の練習が大会前の最後の練習でした。

あとはマカオに行って、今までやってきた事を出し切るだけですι(`^´;)ノ゙


頑張ります!!!

2007年10月24日 (水)

シューズ


200710240752000.jpg

カバディは本来、土のグラウンドの上で裸足で行なうスポーツでした。


ただ近年(特に国際大会)では「室内」で「マット」が主流になってます。


たぶん、インド国内では「雨季」と「乾季」がはっきりしてるので「雨天中止」の心配が無いのですが、他の国だと難しいからなんでしょうね~。


シューズに関しては特に規定は無いのです。

人それぞれなんですが、自分は今はレスリングシューズを使ってます。


高校時代にレスリングをしてたこともあるし、底が薄く裸足に近い感覚でうごけるんで。


カバディは道具を使わないのでシューズが唯一の道具なんです。

あっ、もちろんユニフォームは着ますよ(笑)。


では、そろそろ練習にいってきます!!

2007年10月21日 (日)

あと一週間!


チゲ鍋


←チゲ鍋です。
(基本的に自炊してます。簡単なので鍋は多いですね。)


昨日も全日本代表の練習でした。

来週の今日、10月28日にはマカオへ出発です。


ちなみにマカオ室内競技大会についての詳細は、こちらをご参照ください。
→http://www.maigoc2007.com/01.php.htm


本番が近いこともあり、細かい点の確認がメインの練習でした。

人数が減った際のポジショニングの確認やケースに応じたレイドの役割など、重要なポイントをしっかりと練習できたと思います。

いや~、それにしても、本番が近づいてきたせいか、だいぶ緊張してきましたね。

「必ず、メダルを獲らなくては!」

とか、

「万が一負けたらどうしよう?」

とか、

「自分がどれだけやれるか楽しみ。」


とか、色々な感情が混じり合って、なんか背中がゾクゾクッ!!とする感じですね。


この感覚が実に気持ち良いのです(笑)。

本番までもう少し。


怪我をしないで、ベストな状態に仕上げられるように頑張ります!!!


ちなみに、上の写真と本文は全く関係ありませんでした(笑)。

2007年10月20日 (土)

I like

昨日の夜、実家に帰りました。

まあ、もう昼には東京に戻ってきてますが(笑)。このあと練習があるので・・・。


実は自分は「愛猫家」なのです。

実家には猫が5匹います。


ピン

←ちなみに、この子は「ピン」です。
寝ていたところを起こされて、少し不機嫌そうです(笑)。

マカオでの大会が近いので、猫たちに癒してもらいに帰省したというわけなのです。


えっ?


「その歳で癒してくれるのは猫だけかっ!」って?


そんなことはありません。

本当は自分はモテモテなのですが、カバディが忙しいから、お断りするのが大変なくらいなんです・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・嘘です・・・。ゴメンナサイ(涙)。

猫しか癒してくれないのです(号泣)。


・・・。


(気を取り直し)

さて、ではこれから練習に行ってきま~す。

2007年10月19日 (金)

マカオ!!

昨日(ってか、もう一昨日か・笑)は日本代表の練習でした。

今月の28日にはもう、マカオへ出発です。

マカオでの第2回アジア室内競技大会。カバディがその種目になったのは今回からなんです。

参加国は、

①インド:カバディの母国。圧倒的強さを誇る。

②パキスタン:インドとは永遠のライバル。元来、フィジカルの強さが売りだったが、近年は技術的にもインドに迫る勢い。

③バングラディッシュ:基本に忠実な個々のプレーに個の力を更に高める「チーム力」が売り。接戦に強い古豪。

④イラン:新興勢力ながら、圧倒的なフィジカルと国自体が力をいれてバックアップ。勢いに乗ると、インドとも接戦をする強豪国。

⑤スリランカ⑥マレーシア:上の4カ国に比べると、若干、実力的に劣るが、展開次第では上位に肉薄する実力国。

そして、日本の7カ国。
今回は、「メダルを狙える」と思っている国のみの参加。

現時点では、世界のTOP7といえる。
1つも気を抜ける試合は無いですね。

日本はスリランカ、マレーシアにはここ6~7年負けていない。
イラン、バングラディッシュとも常に1点を争う、接戦を演じている。

かなりタフな大会になるだろう・・・。

でも、メダルを獲りたい。


練習を振り返ると、個々のレベルはかなりアップしている。

あとは、チームとしての力。

カバディは7人で行う。

1+1+1+1+1+1+1=7ではメダルには届かないだろう・・・。

+αの力。

それは、自分を信じ、仲間を信じる力。

それがいわゆる「チーム力」かなと思う。


自分たちが、共に流した汗の価値がもうすぐ問われるときが来る。


「α」がどれくらいなのか?


メダルを獲るまで届いている!!

と信じてます。


本番まで、あと僅か。

更に「チーム力」を高め、獲ってきます!!

絶対、メダル!!!

2007年10月17日 (水)

マイ・ブーム

今、はまってます(笑)。
  ↓

チェーザレ
←左の本は
『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』(塩野七生著/新潮社)
←右の3冊の漫画は
『チェーザレ』(惣領冬実著/講談社)

自分は高校時代の社会も日本史専攻。

大学は日本史学科だったので、西洋史とか苦手だったんですが、今、何故かはまってます!!(笑)

2007年10月12日 (金)

DIARY


日記帳
5年前から日記をつけている。

(←こんな感じの1冊で5年分書けるタイプのもの)

悔しさを忘れないために。

5年前の10月。釜山のアジア大会。

自分はキャプテンとしてコートに立っていた。

当時、監督やコーチから全面的に信頼してもらい、普段の練習メニューから、試合での作戦面まで全て任されていた。

日本チームは常勝国のバングラディッシュに勝利し、最終戦をむかえた。

相手はここまで全敗。最下位のマレーシア。

勝利すれば、メダル獲得だった。

応援してくれたみんなや関係者、誰もが日本カバディ界初、アジア大会でのメダル獲得を確信していた。

結果、メダルを逃した。

「自分のせいだ。」と思った。

もうカバディをやめようとも思った。

当時、30歳。

敗戦の責任を感じたこともあるし、色々な物を犠牲にして、マイナースポーツのカバディを続けるのは年齢的に厳しいとも感じていた。

悩み、考えた。

やっぱり「このまま終われない。」と思った。

カバディを続けようと思った。

アジア大会は4年に一度。

“悔しさ”が風化するのがこわかった。

モチベーションを持続できるか不安だった。

だから、悔しさを忘れないために『日記』をつけ始めた。

途中で怪我をし、手術をして、半年以上棒に振った。

リベンジを期した、去年のドーハアジア大会でもメダルを逃した。

でも、不思議と今回は「カバディをやめよう」とは思わなかった。

前回より更に年齢的に厳しいにも関わらず。

何故?

たぶん、自分の中の時計の針は5年前の10月で止まったままなんだと思う。

その時計の針が動き始めるのはいつなのか?

勝利による満足?敗北による絶望?

それはまだわからない。

でも、その時計の針が動き始めるまで、

戦い続ける。

今日から日記は2冊目に入る。

6年目。

でも、あのときの悔しさを忘れていない。

だから、

戦い続ける。


日記を読み返すと、

どのページ、どの日を見ても、

カバディのことが書いてある。

カバディばかり。

たぶん、自分が歳を取り、

記憶があやふやになり、家族の名前を忘れても、

「カバディ、カバディ・・・」とつぶやく、

怪しい老人として、ご近所でうわさされるのだ。

でも、

前だけをみて、進んでいきたい。

2007年10月11日 (木)

BOXING

今日はボクシングの世界戦、内藤大助vs亀田大毅がありましたね~。

実はボクシング好きなので、トレーニング後にいそいで帰宅し、TV観戦しました(笑)。


自分は「アンチ亀田」では無いですが、今回の試合は年齢の近い内藤選手を応援しながら観ました。(どうしてもベテラン贔屓になるのです・・・笑)


結果は内藤選手の判定勝ち。


しかも結構、大差で。


内藤選手は手数も多く、ポイントの取り方を知ってるな~という「巧さ」が目立ちました。


一方、若い亀田選手は内藤選手の「巧さ」に「強さ」を封じられた感じでしたね。

今回は応援していた内藤選手が勝ち、少し嬉しかったですが、ボクシングファンとしては、若くて才能の溢れる、亀田大毅選手の次戦にも大いに期待しています。


内藤選手、おめでとう、お疲れ様!!


亀田選手、次に期待してるぜっ!!!

2007年10月10日 (水)

再確認?

すっかり秋ですね~。

今日は仕事をして、トレーニングをして、ヒンディー語の授業でした。


ヒンディー語といえば、言わずと知れたインドの公用語。インドと言えば、先週の金曜日、土曜日にテレビで『ガンジス河でバタフライ!』というドラマをやってましたね。(無理やりでスミマセン・・・)

まあ、「カバディ」というインドの国技をやっている人間として、「これは是非見ておかねば」ということことで見ました。
あっ。別に主演の長沢まさみを見たくて見たわけではなく、あくまでもインドが舞台なので見てみたのです(汗)。

う~む。。。やっぱり、かわいい・・・。

はっ!?

え~と・・・(大汗)、そうそう、ドラマの中で主人公は「コルカタ→ブッダガヤ→バラナシ」というルートで旅をしていました。で、実は自分は毎年2月頃にコルカタでカバディの練習をしているんです。
ウエストベンガルポリスチームに混ざって練習をさせてもらっています。
コーチのオビジット(インド人)にも10年くらいお世話になってるんです。


でドラマの中に知ってる町並みやお店なんかが映っていて、急にインド(コルカタ)が懐かしくなったというわけなんです(笑)。


あの排気ガスと埃の臭い。クラクションと怒号の飛び交う喧騒。日本人を見るとぼったくろうとするタクシー、リキシャーのドライバーや物売りたち。

・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・。

やっ、やっぱり懐かしくない(涙)。

でも、多分、いや必ず、また来年2月に行くのです。

そう、そこにはカバディがあるから!!

やっぱり自分はカバディとインドが大好きなんですね(笑)。

2007年10月 4日 (木)

10月!!

10月ですね~。


いよいよ、マカオで行われる、アジア室内競技大会まで一ヶ月を切りました。


ということで、昨日も全日本代表の練習でした。
チームの状態は、かなり本番に向けてよくなってきてます。あとは細かいコンビネーションの修正やチーム戦術への共通理解度を高めるだけって感じですね。

個人的にもだいぶ調子が上がってきました。

自分は今までレイド(攻撃する人=「カバディ、カバディ、カバディ・・・」と言う人です。比較的、守備の負担の軽いポジションにつき、攻撃に専念します。)が中心だったのですが、今年からアンティ(守備する人=最大7人で守ります。人数の増減あり。)の主要なポジションに着きました。

でもレイドをしなくても良いというわけではなく、今回の大会では両方をしなくてはなりません。

これは35歳の自分にはかなり厳しい・・・(涙)。


でも、非常にやりがいもあるのです。

責任は重大ですが、自分自身がどれだけ出来るのか、日ごろのトレーニングや練習の成果がどんなものか、本当に楽しみだし、自分で自分に期待してます。


あとは怪我など無い様に、コンディション管理に十分気をつけて、実力を思う存分に発揮できるように仕上げるだけです。

老体に鞭うって(笑)、しかっり頑張ります!!

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »